1. HOME
  2. 不動産情報
  3. 不動産情報
  4. テキサス州の理由
  5. 他州不動産比較:ロサンゼルス・ハワイ・シアトル

不動産情報

information

テキサス州の理由

他州不動産比較:ロサンゼルス・ハワイ・シアトル

米国不動産 ハワイ テキサス

◆ロサンゼルス◆

全米で最も多い約 3700 万人が住むカリフォルニア州では、現在でも年間約 36 万人のスピードで人口が増えています。それにあわせて住宅の需要も年々上がっています。

またApple、Google等の大企業の本社もカリフォルニア州に位置し、流行や最先端の技術が集結する洗練されたイメージの州でもあります。特にロサンゼルスにはエンターテインメントの中心地があること、富裕層も多いことから、高い教育や文化水準を持つ地域が多く存在します。年間を通して温暖な気候もロサンゼルスの人気のひとつですが、約27万人といわれる全米一の日系コミュニティーが、ロサ ンゼルス近郊のサウスベイ地区に位置することも、日本の投資家様が安心して不動産をご購入いただける理由の一つ。

 

◆ハワイ◆

世界屈指のリゾート地ハワイ。気候や治安の良さはもちろん、文化や食事の面でも日本人にはとても親しみやすいところです。 オアフ島ワイキキ周辺の部屋の稼働率は高く、空室リスクも少ない現状です。それは日本のバブル崩壊やリーマンシ ョックといった外的要因がオアフ島の不動産価格に与える影響が一時的であり、非常に安定した価格で推移しているからです。

またいつかはハワイに移住したいとお考えの方も多く、まずはコンドミニアム賃貸で運用し後に自己使用として使うという方も増えています。築年数で価値が下がらない米国不動産だからこその先行投資です。さらにハワイ不動産は節税効果の高さも魅力です。日本の土地・建物比率に比べ、建物割合が8~9割と減価償却を多く計上できるというメリットが日本の所得税対策に活かされます。

 

◆シアトル◆

マイクロソフト、アマゾンなどが本社を構える、美しくしいシアトル地域は多くの高学歴な人々にとって、理想的な住まいの地となっています。近年は更に住宅価格などが高くなりすぎたシリコンバレーに代わり、先進技術関連の起業を目指す人々の新天地となって居り、今後の経済発展の可能性も含めて米国内はもとより世界中から大きな注目を集めている、豊かな自然と人の暮らしが見事に融合した都市。 IT企業では海外からの高度な技術者の招聘にも積極的で世界中から多くの人材が登用され移住して来ています。